目指せ年収1000万PGタイトルロゴ
IT業界の底辺職であるプログラマーが年収1000万円を目指す生き様を各年収事に綴った自分史型ブログ



年収1000万プログラマーを目指すブログ

投稿日:投稿日:

このブログはIT業界で一番年収が低く、初心者がなる職種と言われる事の多い「プログラマー」という職業で年収1000万を目指す過程を書いたブログです。


ブログの広告収入とかではなく、本職としてプログラマーをしながら年収1000万を目指すまでの道のりをネタとして書いていこうかと思います。(実際に年収1000万まで到達していませんけど...)



1.このブログのテーマ

年収ステップアップ

このブログのテーマは、プログラマーになって年収を上げていくにはどうすれば良いかです。プログラマーとして仕事をしていく中で 「スキルアップ」や「年収アップ」のチャンスは多々訪れるのですが、どのようにそのチャンスを生かすかを中心に情報発信できればと思ってます。



とはいえ、自分もまだ年収1000万へ到達していない見習いプログラマーなので、自分の勉強(復習)も兼ねてブログとして情報発信をするつもりです。 また、このブログの一番のオススメどころは

筆者自体が開発スキルを持った現職プログラマー

という事です。



有名なブログを運営している人は、だいたい「僕は昔エンジニアをやっていたのですが」とか書いていますが、 ほとんどの場合が「自称エンジニア」か「なんちゃってエンジニア」です。
なぜブロガーの多くが自称エンジニアを名乗るかは訳があるのですが、その件についてはまた別記事で紹介したいと思います。






2.このブログ自体について

ワードプレスは使わない

このブログは、自分で作った自作のホームページです。簡単に言うと「自分専用ブログ」なのですが、世間一般では「みんなが使っているブログ(WordPress(WP))」を使っています。


WordPressを使うメリットはブログを作るスキルが無くてもブログ公開できるというメリットなのですがその反面、下記のようなデメリットがあります。


・皆が仕組みを共有しているので、セキュリティーホールが見つかりやすい

・動作がとにかく重く、サーバと利用者双方に負荷がかかる


WordPressを使わない理由として、自分にはWordPressをマスターするほどのスキルが無いから自作しているとも言えますが、WordPressを覚える時間よりブログシステムを自分で作る方が圧倒的に工数が少なく済むからという理由が大きいです。

また、WordPressの中身を見たときにこれはちょっと。。。というイメージがあったからです。動かしてみたときの重さも衝撃的でした






3.登場人物




このブログでは関係者等を魚介類で表現しています。


えび:自分
かに:同僚・上司の技術者
やどかり:上級プログラマー
いか:管理職・マネージャ
たこ:経営者・社長

甲殻類が技術者系で、軟体動物が経営者系です。
どうでもいい情報ですが...





4.筆者(えび)について



最後に簡単にですが、筆者のスキルを紹介します。

プログラマー経験:20年
使用言語:プログラミング言語ならだいたい
使用環境:超特殊じゃなければほとんど




何系の技術者なの?

仕事の関係上、WEBサーバやらDBサーバやら、WEBクライアントやらを自作したりするのでインフラ技術者、開発技術者、フロントエンド、バックエンドとか 区別しろと言われる方が難しいです...
今は区別するのがトレンドらしいですけど、そんな区別本当は無いです




で、何言語ができるのよ?

経歴書とかだとJava,PHP,JavaScript,Perl,Ruby… とかダラダラと書くのですが20年もプログラマーやっていると プログラミング言語なんてどれも一緒なのでいつも経歴書を出す相手が喜びそうな書き方をしています。


地方都市なら言語はJava,VB.Net、環境はWindows&SQLServerかOracleが喜ばれるのでそこらへんを書きます。




にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

プログラマーランキング